やっぱりオウガバトル64が好きだ‏

スポンサードリンク

2018/06/27

【プレイ日記】第4話「進むべき道」


ストーリーはますます深くなっていく。タイトルは「進むべき道」

第4話では、西部地域に向かうユミル王子の護衛を蒼天騎士団が任命された。

ヴォルムス採掘場で再会を果たしたマグナスとユミルですが、ゆっくり会話もできずに終わってしまいました。今回は二人の会話シーンもあり、それぞれの進むべき道が見えてきます。

トロアが仲間に


第4話でも新たに仲間が増える。
交易の地エルゴレアに入るとイベントが発生し、1の選択肢を選べばトロアが仲間になります。
トロアはファランクスなのでユニットリーダーとして使えることはもちろん、今後のクラスチェンジは自由に行えるので好みに合わせ使いこなそう。

攻略ポイント

ユミルについて

このステージではユミルも行動をともにする。
1日経過すると動き始め、トゥブルク→レホボス→フントゥア→ブルグンド城と動ける限り敵本拠地へと突撃していく。
 
ユミルのユニットは、中央にユミル、そしてユミルの四方をブラックナイトが囲むという豪華なユニットとなっている。

ユミルのユニットはアラインメントを考えるとカオスだが、モラルに関係なく拠点を解放してくれるのでカオスやロウ寄りのユニットが居ない場合はユミルに解放してもらおう。

ユミルのユニットは強力な上に、作戦が「攻撃を散らせ」となっているので良い感じにバサバサと切り崩してくれるが、自分で倒さないと経験値はもらえないのでユミルよりも早く行動しよう

ユミルが敵本拠地に到着する頃には疲労がかなり溜まっている。
さすがのブラックナイトでも疲労が溜まった状態ではボスユニットにいるヘルハウンドの3回攻撃は耐えきれない。ブラックナイトがやられるとユミルが危険なので要注意!

敵本拠地周辺のユニットについて


敵本拠地付近の敵ユニットは、中途半端に攻撃すると本拠地に逃げ込み、退却してしまう特性があります。

それを防ぐためには、「エルゴレア→タザの村」ルートを「レホボス→フントゥア」ルートよりも先に進めると退却防止になります。

クリア後


マグナスとユミルの会話シーンを見れます。

ヴォルムス採掘場で何も出来なかったマグナスとユミルにはそれぞれ想うものがあった。

ユミルは王子という立場もあって、「国を変えたい」という想いをマグナスに打ち明ける。
しかし、マグナスも採掘場で自分の無力さを感じており、何が正しいのか分からない状態になっていた為、ユミルの想いには応えられず、二人の進むべき道は分かれてゆくのであった。

スポンサードリンク